うつ病とセロトニンの関係

うつ病とセロトニンとの関係は?

 

セロトニンとは、うつ病などの心のバランスを整える作用のある伝達物質の一つです。

 

セロトニンは自然界の動植物に含まれる物質で、トリプトファンという物質から生合成され、体内には10mg程度が存在します。

 

 

90%のセロトニンは小腸の粘膜細胞にあり、消化管の働きに作用するといわれています。残りの8%は血小板に収納され血液循環で体内を巡り、さらに残りの2%が中枢神経に存在します。

 

この2%のセロトニンがうつ病のような精神面に大きな影響を与えていると考えられています。

 

 

セロトニンを増やすことで、ノルアドレナリンやドーパミンなどの感情的な情報を抑制し、精神のバランスを安定させることができるので、うつ病にも効果があると言われています。

 

セロトニンが不足すると?

 

セロトニンの不足は、身体、精神面の両面に影響を及ぼし、疲れやすい、やる気が起きない、集中力がなくなる、怒りっぽくなる、落ち込みやすい、イライラする、ストレスがたまりやすい、偏頭痛などの症状を引き起こします。

 

特に精神面のバランスが崩れることにより、不眠症、うつ病といった症状が現れることが、現代のストレス社会では多くみられるようになってきています。

 

このようにうつ病とセロトニンは密接に関係しています。

 

 

セロトニンの不足の原因としては、不規則な生活やバランスの悪い食事ががあげられます。

 

本来、セロトニンは規則正しい生活や食事、適度な運動、日光浴などを増やすことで自然と活性化されますが、不規則な生活が原因で、セロトニンが活性化ができない状態になってしまいます。

 

セロトニンが不足し、それによって不眠症やうつ病の症状が起きてしまっているのです。

 

セロトニンを増やすには?

 

セロトニンを増やすには、まずセロトニンの活性を妨げている生活習慣を改善することが大切です。

 

「早寝早起きの規則的な生活」「起床時や日中に日光を浴びる」「リズミカルな運動をする」「適切な食事」といったことを心がけることが、セロトニンを増やすには効果があります。

 

しかし、なかなかこれらの生活習慣が大事だと分かっていてもできないものですよね。

 

 

そんな方には、毎日飲むだけでセロトニンを活性化してくれるサプリメントがおすすめです。

 

 

実際にサプリメントを飲まれている方で、効果を実感されてる方も多いようです。

 

 

サプリメントの詳細と体験談はコチラ