うつ病をリラクミンクリアで治す

うつ病の薬を飲まずに自分で治す

 

うつ病の薬を飲まずに自分で治すことを考えている方にとって、うつ病の薬の代わりになるものにどんな治し方があるのかは関心のあることですよね。

 

 

うつ病の薬は副作用や依存の心配があるので、できれば飲みたくない、たとえ飲んだとしても長期間服用したくないという方は多いようです。

 

 

薬を飲まずにうつ病を自分で治す方法としてサプリメントで治すという方法もあるので紹介しますね。

 

うつ病のサプリはリラクミンクリア

 

うつ病を治すのに有効な成分がセロトニンだということはご存知の方も多いと思います。

 

メンタル系のサプリメントで人気のあるリラクミンシリーズで、うつ病におすすめなのがリラクミンクリアです。

 

リラクミンクリアは、セロトニンを活性化してくれるトリプトファンやギャバといった成分以外にも、うつ病に効果があるといわれているセントジョーンズワートが含まれています。

 

セントジョーンズワート

 

現代医学において標準的なセント・ジョーンズ・ワートの抽出物はうつ病や不安障害の一般的な処置として用いられている。ホメオパシーにおいては多くの医学的な問題に対する処置として用いられるが、その効果の程は正確には記載されていない。歴史的にはセント・ジョーンズ・ワートの花や茎は赤や黄色の色素を作るために用いられてきた。

 

今日セント・ジョーンズ・ワートはうつ病への処置法(あるいはその可能性)として最も知られている。ドイツをはじめいくつかの国では軽度のうつに対して従来の抗うつ薬より広く処方されている。標準的な抽出物はタブレット、カプセル、ティーバッグとして一般の薬局等で購入することが可能である。

 

欧州では、伝統的医薬品として流通しているが日本においては、薬事法上、薬効を標榜しない限りは「食品」扱いであり、ハーブとして市販されている。しかし、多くの薬物と相互作用をするので、厚生労働省からも注意が必要であると喚起されている。

 

(ウィキペディアより引用)

 

 

海外ではセントジョーンズワートはうつ病の薬として使われていますが、日本ではサプリメントとしてうつ病を治すために飲まれています。

 

リラクミンクリアにはこのセントジョンズワートが300mgも含まれていて、うつ病の症状にはおすすめのサプリメントになっているようです。

 

リラクミンクリアの公式サイトはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

 

セントジョーンズワートと聞くと、ウィキペディアの説明の中にもあるように相互作用の心配をされる方もいるようですが、リラクミンクリアの口コミなどを見ていてもその点は問題ないようですが、もしその点が心配な方は、いま飲んでいる薬とリラクミンクリアの相互作用については医師に相談されることをお勧めします。

 

 

リラクミンクリア以外にうつ病を治すといわれているセロトアルファというサプリメントもあります。リラクミンクリアのようにセントジョーンズワートが主成分ではなく、大麦発酵酵素が主成分になっています。

 

セロトアルファの公式サイトはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓