無気力克服サプリ

無気力とうつの違いは?

 

無気力でやる気が出なくて、仕事や勉強が進まないという時は誰にでもありますよね。

 

無気力になるときって何かの原因がはっきりしている時もあれば、そうでなく何となく無気力でやる気が出ないということもあります。

 

「やる気を出すためには?」というような本を読んでも、その時は少しやる気が出ても、すぐに元に戻ってしまうこともあり無気力な状態が続いてしまいます。

 

 

そうなってくると、これはひょっとしたらうつ病なのではと疑うようになってしまいます。

 

無気力とうつ病は違います。

 

その違いを把握したうえで、どうやったら無気力な状態を克服できるのかを考えるようにしてみましょう。

 

 

では、無気力とうつの違いですが、

 

無気力は特定のことに対して、やる気が出ない状態です。例えば、仕事や勉強など特定のことに対してはやる気が出ない状態でも、遊びや食べることなどは普通通りにできます。無気力、無関心、無感動という状態で表すことができますが、これらは生活すべてにおいて起きてはいないというのが特徴になります。

 

それに対して、うつは全てのことに対して意欲がなくなってきます。仕事や勉強だけでなく、趣味や食事に関しても意欲がなくなり、人とのコミュニケーションも避けるようになります。それに伴って、不眠などの症状が出てきたり、生活リズムが崩れることで体調を崩すことも起きてきます。

 

 

無気力は病気ではありませんが、うつは病気なので抗うつ薬などの薬で治療をすることができます。

 

無気力を克服するには

 

うつは神経伝達物質の影響もあり抗うつ薬で治療できますが、無気力は体内物質の影響ではなく精神的なことが影響するので、カウンセリングなどが克服するための一般的な方法になります。

 

 

しかし、実際にはうつと無気力が明確にはっきりと違いとして現れている場合は少なく、どちらともいえるような状態である場合が多いようです。血圧や血糖値のように数値で明確に表せるわけではないし、個人差が性格などを含めあるために、確実な治療法があるわけでもありません。

 

無気力で何もやる気がしないという状態が続くようなら、やはり医師に相談をすることが大事でしょう。

 

 

そこまでではないという無気力状態の場合には、気分転換を運動や趣味でする、生活リズムを整える、何か興味のあることを見つけるといったような、環境変化をしてみることも無気力を克服するための方法になるでしょう。

 

それでも、無気力な状態が克服できない・・・

 

そんな、「うつ病ではないと思う、それに病院に行くまでではない、抗うつ薬を飲むのには抵抗感がある」という方には、薬ではなくサプリメントで無気力を克服するという方法もあります。

 

実際にサプリメントを飲むことで、無気力でやる気がなかった状態を克服できたという方もいるようですよ。

 

無気力な状態を克服できたという口コミのある、セロトアルファというサプリメントについて詳しくはコチラの公式サイトをご覧ください。

 

セロトアルファの公式サイト